スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中華風ファンタジー

読書の秋です。って、早いか。でも真夏日が終わったかもなんて事をニュースで言ってましたし、秋がやってくるのもあと少しですね。

個人的に1番好きな季節です。暑すぎず寒すぎず、花粉症にも悩まされず、食べ物もおいしいし秋が1番好きです。なんて天候に文句を言ってたら罰が当たりそうですがね。

さて、ここではよく彩雲国物語の話をしてるのですが、あれから続きの出る気配がないので何か似た系統のものを読みたいなぁと思って色々探しています。とりあえずアレから読んだものがあるのでそれについて書こうと思います。

夢の宮―薔薇の名の王 (コバルト文庫)夢の宮―薔薇の名の王 (コバルト文庫)
(1995/12)
今野 緒雪

商品詳細を見る


瑠璃の風に花は流れる 黒の王太子 (ビーンズ文庫)瑠璃の風に花は流れる 黒の王太子 (ビーンズ文庫)
(2006/04/28)
槇 ありさ

商品詳細を見る

『夢の宮』シリーズ
今野 緒雪

「マリみて」しか知りませんでした!すみません。ですが、なかなか面白かったです。基本はロアン(本当は漢字ですがこの作品わかりづらい漢字が多いので敢えてカタナカ使います)という大国にある離宮で起こる(基本は)恋愛物語です。が、毎回違う時代で主人公が変わるので続き物ではないです。時代で他の国とのつながりが違うし、主人公が王であったりそうでなかったりと展開が読めないので面白かったですね。ただ続き物でないため若干物足りなく感じたりもしました。


個人的には「亞心王物語」と「薔薇シリーズ」と言っていいのかわからないけどそれが好きです。やっぱり続く分内容が深くなるので良かったのかもしれません。時間の無い方はどこから読んでも問題ないので(薔薇以外は)良いかもしれないですね。


『瑠璃の風に花は流れる』シリーズ

槙ありさ

中華ではないけどアジアンファンタジーということで、、、
朱根という国が隣国の黒嶺に乗っ取られてしまう。が、朱根の王女緋奈を妃だと黒嶺の王子芦流はいうが、、、、
という感じの話。まだまだ続きものですね。

悪くないんだけど、、、主人公である緋奈に段々イライラさせられてるかも。初めの頃の「自分がなんとかしなきゃ」と行動する分にはガンバレーとか思ってたんだけど、ただ単に迷惑かけるだけなのがだめだわーとか思い始めてしまった、、、。

「周りに迷惑かけたくない」という感情はわかるんだけど、最終的に1番迷惑かけちゃってるわけで、そういうの駄目なんですよね。って言いながら読んでしまったんだけど。しかもかなり気になる所で次回へなんて事になってます(汗)


その他の作品も徐々に読んでいこうと思いますよー。でもやっぱり今の所は「彩雲国物語」が1番好きだわ。というより、紅秀麗が好きなんだ。私の場合アニメを見て来ても主人公が好きなのって少ないんですよ。そんななかもちろん「彩雲国物語」には劉輝や静蘭をはじめたくさんの登場人物がいて素敵なのですが、この手の作品なのにやっぱり秀麗が好きなんですね。多分以前話の中で燕青がたんたんのお友達と話したのと同じ理由「すかっとする」んだと思います。早く続きが読みたいものです。
スポンサーサイト
[ 2009/09/08 22:46 ] 読書 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメだよ♪

もふもふー

Author:もふもふー
アニメのレビュー中心です。

暴走することもたまにあります(´∀`*)
Comment&TBは大歓迎です。アニメレビュー以外に乙女ゲームなどのこと書いてます。

相互リンクしてくださるブログ様募集しております。よろしくお願いします!

画像などの転載はご遠慮ください

拍手ありがとうございます

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。